むちち三姉妹

一人っ子の私が三姉妹を育てる!

むちち三姉妹の出産話!&母子手帳ケース

おはようございます!!!!

今日は三女のギブスが取れてから1週間で念のための病院でした。

今日で終わりかと思ったけど次は3週間後です!

むちち三姉妹の出産話!&母子手帳ケース

病院に行くため母子手帳ケースを出しました。

むちち三姉妹の出産話!&母子手帳ケース

うちの子らの母子手帳ケース

左から 長女・次女・三女

特にブランドなどにこだわらずその時見つけた可愛いものを買いました!

 

色々可愛いものあるから迷いますよね〜!

 

今日はうちの子たちの出産の時のことを紹介します!

 

むちち三姉妹の出産話!&母子手帳ケース
さて長女21時間48分 まぁまぁ長かったですね。一人目だったので、里帰り出産でした。陣痛ってどんなものか分からず、まだですよ〜と何回も病院と実家の行き来しました。病院に入院してからは、痛いと言えば助産師さんが駆けつけてくれると思い痛い痛いと叫びまくってましたが、なんと陣痛室は防音でした。笑

痛すぎて嘔吐もしてしまいました。

誰かに手を握ってもらっていないと不安でパパ、実父、実母誰かの手を握っていました!

もうすぐというところまで開いていた子宮口も少し戻ってしまったりでなかなかなので、最後は陣痛促進剤でのお産でした。

最後まで破水もせず先生がハサミで卵膜?を切る時「硬い!こんなに硬いの初めて!!」と言っていました。

そんな頑丈に包まれた長女です。

生まれてきた瞬間大泣きしてパパと二人で大きな拍手をしました〜!笑

最後に付き添ってくださった助産師さんが本当いい人ですごく覚えています。

会いたいな〜。

 

むちち三姉妹の出産話!&母子手帳ケース

 次は次女3時間28分。長女の幼稚園のプレ保育があり、里帰りなしでの出産。

実母がヘルプに来てくれました!そしてパパと長女も立ち会いです!

次女の時は経産婦だから陣痛始まったら間に合うようにすぐ行かなきゃと思い、またもや何回も病院と家との行き来をしました。

前駆陣痛から絶対本陣痛に繋げてみせると思い、痛みがくるとマンションの階段を上り下りしたりして、頑張りました。

無痛分娩にしようか迷っていたのですが、本陣痛が始まって病院い着いたことには痛みはピーク。「無痛分娩にしてください〜!」とすぐにお願いしました!笑

麻酔の用意などがあるので全員外に出てくださいと言われ、助産師さんとあとは一人でひたすら陣痛に耐えました。長女の時とはえらい違い。

準備が結構かかったのと経産婦なのでスピードが早いので、無痛分娩の麻酔をしてもらったのだけど、結局ほとんど麻酔効かないまま、出産!

みんなでおめでと〜!泣きながら喜びました!

 

むちち三姉妹の出産話!&母子手帳ケース

そして三女なんと1時間34分!

長女と次女を連れての出産となるので里帰り出産。

長女はその時だけ実家近くの幼稚園に行きました。

パパと長女次女も立ち会い。

あまりにも妊婦時期がしんどすぎて、早く産まれて欲しいと思いすぎてか、陣痛かも?や破水したかも?と何度か病院と実家の行き来。(毎回や〜ん!笑)

40週目の妊婦健診の時に先生に相談してすごくストレスがかかっていることを伝えた。

じゃあ今日産む?と先生が言って そうします!と!

パパはびっくりしていました。

そこから促進剤と人口破水。

夕方には産まれるかな〜と言われていたのがまさかの昼過ぎ!

途中パパは長女次女を連れて荷物を取りに行ったりしてる間助産師さんに来てもらいながら一人で耐える。

パパと長女次女が到着したらすぐ分娩台に行き出産。

めちゃくちゃ早かったけど一番痛かったのは三女!

泣く間も無くホッとした出産。

 

 

長くなりましたが読んでいただきありがとうございました!

(本当はもっともっと書きたいことありましたが、まとめました。)

 

たまに3人を産んだことを思い出しては、ああだったな〜と懐かしく思います。

一生忘れることはないであろう思い出。

出産は人それぞれ本当に違う。

私はなんだろう??ん??と思ったら何回も病院に行きました。

少し恥ずかしいなという気持ちはあったけど、お腹にいる子供のこと自分の体の事を思うとそうして良かったんだと思います。

だって命をかけて産むんだし命を守っているんだし。そんな大切なことはありません。

これからもこうして産まれた命大切に守っていきたいなと思います!