むちち三姉妹

一人っ子の私が三姉妹を育てる!

スピール膏を使った水いぼ治療!痛くなくピンセットを使わない!

こんにちはー!

今日は毎週通っている次女の皮膚科でした!

次女が夏明けぐらいから水いぼになり、今も治療中です。

スピール膏を使った水いぼ治療法!

水いぼとは

  • 「伝染性軟属腫」(でんせんせいなんぞくしゅ)というウィルスによる良性のイボ。

  • ウィルスが皮膚の表面から侵入して発症するため、皮膚に障害があれば感染し、痒くなる。(水いぼが痒くなり掻く→その菌が爪につき違うところにうつるそうです。)

  • 水いぼは放っておいても1年〜2年ぐらいで自然治癒することがほとんど。

  • 痒くなることは時々ありますが、ひどく痛くなるようなことはなく、全身に与える影響はまったくありません。 

  • アトピーの子供は、普通の子供より水いぼになりやすく、広がりやすい。

 

f:id:shanti_kana:20190318135512j:plain

最初は 、麻酔テープを貼って行き、病院でピンセットでとってもらう。

という治療をしていましたが、麻酔テープを貼っているから、痛みはないはずなのに、すごく怖がるので、そのままにしていました。

長い目でみれば自然治癒するとのことですが、少し量が増えてきているので、違う治療法をしてもらえる皮膚科にて現在治療中です。

 

今次女がしている治療は ※きちんと医療機関にかかってくださいね!

スピール膏を用いての治療

スピール膏とはうおの目、たこの治療に使用されるテープで、サリチル酸という成分の角質軟化溶解作用を利用した角質剥離剤です。

水いぼの芯を覆っている皮膚を溶かして、中の芯を外に出しやすくし治療するというものです。

  1. 病院で看護師さんが、水いぼとピッタリ同じ大きさにテープをカットして貼り付け、上から剥がれないようにサージカルテープで保護します。水いぼとピッタリ同じ大きさにカットするというのが重要ポイントのようです。大きくカットしすぎてしまうと、水いぼの回りの皮膚も溶かしてしまい皮膚がただれてしまうようです。

  2. 5日間貼りっぱなしにして、剥がした後に水いぼのところに処方された塗り薬を塗る。剥がす前に近くに痒いところがある場合もその塗り薬を塗る。

  3. 前の治療から一週間後にまた病院に行き治るまで同じことを繰り返す。(治療中は痒み止めの飲み薬も処方していただいていて飲んでいます)

 

少し時間はかかりそうですが、痛くもなく、怖さもない治療法です!

 

この治療法をしてくださっている病院は少ないようでママ友から情報をいただき今の病院に通っています。

ご自身での治療は良くないと思いますのでその治療をされている病院探してみてください!

こんな治療法もあると参考になればいいなと思いました!

今は一つの病気にも色々な治療法があるものも多く、病院もたくさんあります。

自分で納得のいく治療をしてもらえる病院を探すのが一番かなと思います!

 

ShantiKana